ハーモニー 国民生活センター 詐欺報告

ハーモニー関係者に成婚者がどれくらいいるのかを聞いてみたら、ここ十数年の間に、1、2組しかいないことが判明しました。だから3カ月に1度の成婚実績は大嘘つきの誇大広告です。

【事案 1】国際結婚相手紹介サービスの解約に関する紛争
1.事案の概要
<申請人の主張>
国際結婚をあっせんする相手方(注)のホームページを見て、入会前無料アプローチを申込ん
だところ、交際希望女性(A)から交際希望の返答があった。相手方から入会を強く促されたこ
ともあり、相手方に入会金等約 50 万円を振り込み、入会した。その後、A が来日するための費
用として約 6 万円を振り込んだ。
その後、A とは交際を中止し、新たに招 聘
しょうへい
ミーティング料(約 8 万 5,000 円)を支払い、別
の女性(B)と交際を開始した。B から日本に来たいとの強い要望があり、日本への旅費などを
送金した(約 2,600 米ドル)が、ビザやパスポートが発行されておらず、詐欺であることが判
明した。
相手方に不信感を抱いたため、相手方に対し、電話とメールで契約の解除と返金を求めたが、
契約はすでに終了しているとして全く受け入れられなかった。契約を解約して、全額返金して
ほしい。
(注)ホームページ上の名称:「Harmony」
本件契約時の名称:有限会社トレックス
本社所在地:神奈川県相模原市中央区
<相手方の対応>
和解の仲介の手続に応じる。
・申請人の請求は認めない。
・契約書に基づき、交際確認申請書を申請人が提出し、契約は終了しており、既に支払われた
金銭に関して、双方に何ら債権債務が存在しない。
・入会時に男性会員全員に当社制作のマニュアルを熟読するよう伝えており、申請人から紹介
した女性 B が旅費とは違う金銭を要求しているとの報告を受け、交際を中止し、金銭を送ら
ないようメール及び電話で再三再四、注意勧告をしていた。その後も、当社の制止を振り切
って送金した模様である。
・申請人からは「すべて自己責任のもとで女性と交際し、送金して招聘するのだから、御社に
は関係ないし、迷惑を一切掛けない」と強く主張されている。
・契約が終了していることをご理解いただけない場合には、司法の判断に委ねるべきである。
2.手続の経過と結果
第 1 回期日では、両当事者に対し、本件契約の経緯や契約書等について聴取した。
申請人は、解約を申し出た際に初めて相手方から契約が終了していると言われたこと、紹介
された女性 B との交際についても注意勧告といえるものはなかったことなどを述べた。
他方、相手方は、特定商取引に関する法律(以下、「特定商取引法」という。)に則って概
要書面、契約書を交付の上契約しており、その後申請人が A と交際に至ったため、契約は終了
していること、よって何ら債権債務は存在しないことなどを述べた。
12
仲介委員より相手方に対し、①契約が終了しているのであれば、その後も申請人に女性を紹
介しているのはどういうことか、②申請人に注意勧告したメールが保存されているのであれば
提出してほしい、③契約書は誤りが多く、特定商取引法の定める法定書面になっていないので
はないかと指摘したところ、相手方は、①契約終了後に紹介しているのは、交際に至っても別
れてしまうことがあり、そういった場合には無償で海外のエージェントを紹介している、②メ
ールは保存してあると思うが、探し出すのに手間がかかり、やり取りが長くなるので、これ以
上は司法の判断に委ねたい、③契約書は司法書士に確認してもらっており、問題ないと考えて
いるが、問題があるというのであれば、何条に抵触するのか明確に示してもらいたいと主張し
た。
そこで、第 2 回期日(仲介委員会議)を開催し、相手方に送付する書面の検討を行った。
検討の結果、相手方が作成した契約書は、クーリング・オフの起算日が契約締結日とされて
いること、クーリング・オフによる返還に要する費用が契約者の負担とされていること、クー
リング・オフの効力が書面発信時に生ずることの記載がないことなど、多くの点で特定商取引
法の定める法定記載事項と相違しており、書面不備につき、法定書面不交付であるといえ、申
請人は今に至ってもクーリング・オフの権利を行使することが可能であることを指摘し、クー
リング・オフができないとの見解であれば、法的な観点からその理由を明らかにするよう求め
ることとした。
後日、相手方からその理由も明らかにせずに「特定商取引法 42 条に基づく内容を概要書及び
契約書に記載していると考えております」との回答が文書で寄せられた。
これを踏まえ、第 3 回期日にて相手方に回答の趣旨を尋ねたところ、司法書士に相談したう
えでの回答であり、法的見解に相違があれば、和解は進まないと思うので、司法判断に委ねた
いと述べた。
仲介委員より、法的な解釈の違いというレベルではなく、明らかな間違いであることから、
書面不備であり、申請人はクーリング・オフが可能であること、違反すれば行政処分もあり得る
こと等を繰り返し説明したが、相手方は書面の不備を半ば認めつつも、なお司法の判断に委ね
たい旨を繰り返した。
そこで、再度、本件は、法的な解釈の違いが入り込む余地のないほど明白な不備であるにも
かかわらず、クーリング・オフを認めない法的な理由を書面で求めたところ、相手方から「事実
確認の認定に関しては、司法の場でご解決頂くのが賢明である」旨の回答が寄せられた。仲介
委員からの質問に正面から回答しないことに加え、期日よりも接客を優先して電話に応じない
など、相手方の対応は、実質的に非協力で真摯しんし
な解決努力がなされているとは認められないこ
とから、相手方に和解する意思がないことは明らかであると判断し、本手続を終了した。

 

出典

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20120119_2.pdf#page=11

ハーモニー入会編

十数年も運営してきて成婚実績多数のハーモニーにも入会したのは、ロシアン
ビューティーで売春婦をつかまされたすぐ後。
以前電話したときは、とても丁寧な説明で好感が持てた。
まずは無料アプローチというかたちで女性に対して私のプロフィールやメッセ
ージを送ってOK がもらえるか確認するとのこと。
そして1人からOK が来たと連絡が入り、入会手続きが勝手に進んでいった。
ウクライナ人女性だった。
18ヵ月で54万円という料金だった。
「安いな」と思った。笑

8.ハーモニー
活動編1「女性を日本へ呼ぶ」
女性を日本へ呼ぶという話が、トントン拍子で進んだ。
そして、来月日本に来るということになった。
この間、メッセージのやり取りのみ。
ビデオ電話などもあるようだった。
でも、高いし、ビデオ電話は何だかイメージが湧かない。
そのため、ロシアンビューティーのときと同じで、画像(静止画)以外の本人
を見ることなく、空港で対面へ。

このときももう少し交際のための時間が欲しかったがハーモニーの社長にせかされ女性を日本へ招待することに

料金は、30万円くらいだった。
ほとんどが航空券代。手数料は10万円くらい。

9.ハーモニー
活動編2「女性が来日」
女性が来日するときがやってくる。
ロシアンビューティーと同じ状況だ。
しかし、売春婦など、二度とごめんだ。
入念にチェックしたつもりだった。
そして、空港で待っている間に、空港でハーモニーが売春婦を派遣するかどう
かについて検索。
でも、そんな情報は見つからなかったので、安心した。
しかし!!!
なんだこれ!
国民生活センターで問題となっている業者と書かれている。
会社名は違うけど、ハーモニーと書かれていると住所も同じだ。
ハーモ二ーに違いない。
ちょっと不安になったものの、国民生活センターでは「女性が来日せず詐欺だ
った」と書かれている。
そして、ゲートで待っていたら無事到着。

安心安心。
1週間ちょっとの滞在。
そして、ロシアンビューティーのときに日本に読んだ女性よりは劣るものの美
人だ。

10.ハーモニー
活動編3「なにしにきたの?」
私は、日本に呼んで結婚に向けて話し合いができると思っていた。
しかし女性は「お見合いするために来た。まだ結婚は全然考えていない」とい
う。
「は?」
ロシアやウクライナは、こんな女性ばっかりなのか。
もちろん結婚が確定して日本に呼んでいるわけではない。
でも、わざわざ飛行機で半日以上かかるウクライナから来ているわけなんだか
ら、
お見合いするためだけに来たというのは、そもそも感覚がぶっ飛んでいる。
まあ、そうだとしても約10日間頑張っていこう。と考えた。
しかし「観光目的」な感じがしてしょうがない。
そして、お土産をやけに買いたがる。
お見合いらしいお見合いの話なんて一言も出ない。
なにしにきたのだろう。。。。

11.ハーモニー
活動編3「金が目当て」
やはり金が目当てだった。
なぜなら、
iPhone が欲しい。
Mac Book が欲しい。
Chanel のバッグが欲しい。
なんで、お見合いするために来た人間が、そんなものをわざわざ買っていくの
か。
しかも、どれも高額だし、「iPhone はロシアで売ると高い」と意味不明なこと
を言ってくる。
換金してお金にするのだろう。
でも、完全に金目当てだったことが判明した。
もちろん、買ってあげることはない。はずだった。

12.ハーモニー
活動暦4「本性が出た」
スマホやパソコン、ブランド物などをねだられたが、丁重にお断りしておいた。
しかし、自宅に帰ると「また明日あのお店に行きたい。買ってくれるならセッ
クスする」と言ってきたのだ。
結局、こちらも売春婦だった模様。
さらに、「私は、日本に行かないでおこうか迷った。行かないでも給料はもらえ
るんだから。でもわざわざ来た」と話してくるはめに。

この女は、詐欺未遂に終わったといったところか。涙

13.ハーモニー
国民生活センターの実態
ハーモニーという業者は、インターネット上でとてつもない批判を受けている
業者だというのも女性を来日させている途中に知った。
そして、国民生活センターで事案が公開されている。
<申請人の主張>
国際結婚をあっせんする相手方のホームページを見て、入会前無料アプローチ
を申込んだところ、交際希望女性(A)から交際希望の返答があった。
相手方から入会を強く促されたこともあり、相手方に入会金等約50 万円を振り
込み、入会した。その後、A が来日するための費用として約6 万円を振り込ん
だ。
その後、A とは交際を中止し、新たに招聘ミーティング料(約8 万5,000 円)
を支払い、別の女性(B)と交際を開始した。
B から日本に来たいとの強い要望があり、日本への旅費などを送金した(約
2,600 米ドル)が、ビザやパスポートが発行されておらず、詐欺であることが判
明した。
相手方に不信感を抱いたため、相手方に対し、電話とメールで契約の解除と返
金を求めたが、契約はすでに終了しているとして全く受け入れられなかった。
契約を解約して、全額返金してほしい。
ホームページ上の名称:「Harmony」
本件契約時の名称:有限会社トレックス
本社所在地:神奈川県相模原市中央区

え?有限会社トレックス?
ハーモ二ーの運営会社は、HK2 Internatinal LLC のはず。
でも、神奈川県相模原市中央区というのは間違いない。
つまり、国民生活センターで実名が公表されてしまったので、
会社を変えたというのが真相なんだろうと思う。
さらに、
<相手方の対応>
和解の仲介の手続に応じる。
・申請人の請求は認めない。
・契約書に基づき、交際確認申請書を申請人が提出し、契約は終了しており、
既に支払われた金銭に関して、双方に何ら債権債務が存在しない。
・入会時に男性会員全員に当社制作のマニュアルを熟読するよう伝えており、
申請人から紹介した女性B が旅費とは違う金銭を要求しているとの報告を受け、
交際を中止し、金銭を送らないようメール及び電話で再三再四、注意勧告をし
ていた。その後も、当社の制止を振り切って送金した模様である。
・申請人からは「すべて自己責任のもとで女性と交際し、送金して招聘するの
だから、御社には関係ないし、迷惑を一切掛けない」と強く主張されている。
・契約が終了していることをご理解いただけない場合には、司法の判断に委ね
るべきである。
2.手続の経過と結果
第1 回期日では、両当事者に対し、本件契約の経緯や契約書等について聴取し
た。
申請人は、解約を申し出た際に初めて相手方から契約が終了していると言われ
たこと、紹介された女性B との交際についても注意勧告といえるものはなかっ
たことなどを述べた。
他方、相手方は、特定商取引に関する法律(以下、「特定商取引法」という。)

に則って概要書面、契約書を交付の上契約しており、その後申請人がA と交際
に至ったため、契約は終了している こと、よって何ら債権債務は存在しない
ことなどを述べた。
仲介委員より相手方に対し、①契約が終了しているのであれば、その後も申請
人に女性を紹介しているのはどういうことか、②申請人に注意勧告したメール
が保存されているのであれば提出してほしい、③契約書は誤りが多く、特定商
取引法の定める法定書面になっていないのではないかと指摘したところ、相手
方は、①契約終了後に紹介しているのは、交際に至っても別れてしまうことが
あり、そういった場合には無償で海外のエージェントを紹介している、②メー
ルは保存してあると思うが、探し出すのに手間がかかり、やり取りが長くなる
ので、これ以上は司法の判断に委ねたい、③契約書は司法書士に確認してもら
っており、問題ないと考えているが、問題があるというのであれば、何条に抵
触するのか明確に示してもらいたいと主張した。
そこで、第2 回期日(仲介委員会議)を開催し、相手方に送付する書面の検討
を行った。
検討の結果、相手方が作成した契約書は、クーリング・オフの起算日が契約締
結日とされて
いること、クーリング・オフによる返還に要する費用が契約者の負担とされて
いること、クーリング・オフの効力が書面発信時に生ずることの記載がないこ
となど、多くの点で特定商取引法の定める法定記載事項と相違しており、書面
不備につき、法定書面不交付であるといえ、申請人は今に至ってもクーリング・
オフの権利を行使することが可能であることを指摘し、クーリング・オフがで
きないとの見解であれば、法的な観点からその理由を明らかにするよう求める
こととした。
後日、相手方からその理由も明らかにせずに「特定商取引法42 条に基づく内容
を概要書及び契約書に記載していると考えております」との回答が文書で寄せ
られた。
これを踏まえ、第3 回期日にて相手方に回答の趣旨を尋ねたところ、司法書士
に相談したうえでの回答であり、法的見解に相違があれば、和解は進まないと
思うので、司法判断に委ねたいと述べた。
仲介委員より、法的な解釈の違いというレベルではなく、明らかな間違いであ
ることから、書面不備であり、申請人はクーリング・オフが可能であること、違

反すれば行政処分もあり得ること等を繰り返し説明したが、相手方は書面の不
備を半ば認めつつも、なお司法の判断に委ねたい旨を繰り返した。
そこで、再度、本件は、法的な解釈の違いが入り込む余地のないほど明白な不
備であるにもかかわらず、クーリング・オフを認めない法的な理由を書面で求め
たところ、相手方から「事実確認の認定に関しては、司法の場でご解決頂くの
が賢明である」旨の回答が寄せられた。
仲介委員からの質問に正面から回答しないことに加え、期日よりも接客を優先
して電話に応じないなど、相手方の対応は、実質的に非協力で真摯な解決努力
がなされているとは認められないことから、相手方に和解する意思がないこと
は明らかであると判断し、本手続を終了した。
問題は、
・申請人は、解約を申し出た際に初めて相手方から契約が終了していると言わ
れたこと
と書かれています。
つまり、ハーモニーは、顧客が解約を申し出たら「契約が終了しています」と
いうらしいのです。
意味不明すぎて笑えます。
そして、
・契約終了後に紹介しているのは、交際に至っても別れてしまうことがあり、
そういった場合には無償で海外のエージェントを紹介している
契約が終了しているのに、女性を紹介しているんだから契約終了しているって
いうのは嘘だろ!という国民生活センターの鋭い指摘に、
意味不明な見苦しい言い訳もあり、全く信頼できないと思います。
そしてなにより、
・期日よりも接客を優先して電話に応じないなど、相手方の対応は、実質的に

非協力で真摯な解決努力がなされているとは認められない
というように、国民生活センターからの電話に応じないで真摯な対応をしなか
ったという点も大きいと思います。
国際結婚というのは、サポートが重要だと思っています。
そんなサポートどころか電話に応じないというような業者を信頼できるはずが
ありません。
そして、言い訳も子供じみていて、悪意を感じます。
ロシアンビューティーは、明からさまな悪徳業者だと思いましたが、
ハーモニーは、優良業者に見えて悪徳業者だと思いました。
本物の詐欺師は、とても真面目で頼もしい人物だと言います。
まさしく、ハーモニーは、本物なのかもしれません。

ロシア 国際結婚

1.ご挨拶
私はロシアやウクライナ人との国際結婚を目指して奮闘中。
色んな体験談を書いていきたいと思います。
<<自己紹介>>
よっしー
40 代
結婚経験なし
会社員
日本人との婚活を30 代で奮闘するも苦戦し、アジア人との国際結婚を目指す。
しかし、「永住権目的」だったので断念。
そして、辿り着いたのがロシアやウクライナ人との国際結婚。
「怪しい」
「高い」
「詐欺」
といったイメージも強かったが、結婚への焦りからまずは活動してみようと思
いました。

2.ロシアやウクライナ人との国際結婚業者
私が数えただけで10 社くらいの業者が存在します。
・ロシアンビューティー
・イルビス
・ベストブライド
・ロシアウクライナ結婚支援協会
・ハーモニー
・カチューシャ
・ノードブライド

・リアルブライド
・オフィスヘレナ
ざっと、有名どころは、これくらいだと思います。
悩んだ挙句、「老舗」を自称しているロシアンビューティーと、「女性会員数」
の多いハーモニーに入会することにしました。

3.ロシアンビューティー
入会編
テレビでも放送されたことのある老舗と自称しているロシアンビューティー。
山商などとも言われているようです。
電話したところ・・・・電話に出ない。
携帯電話しか掲載されていなかったため、しょうがないと思っていたら、夕方
折り返しの電話が。
代表の方のようで、色々教えてもらいました。
話し方は、とても丁寧で親しみやすい。
料金は、入会金20万円、日本に女性を呼ぶのに180万円という料金。
「ちょっと高い」と思ったものの、100組以上の幸せなカップルが誕生して
いるという文言から入会を決意。
入会のときは、20万円のみで1年間の契約期間でした。
これだけ考えれば安いのだが・・・(続く)

4.ロシアンビューティー
活動編1「メールでやり取り」
ロシアンビューティーに入会し、女性を選ぶように言われ、2人をピックアップして伝える。
「手配します」と言われ、待っていると女性とメールのやり取りをするように
言われました。
「英語でいいから」と言われ、英語ができないと伝えたら、それはこちらが翻
訳するから大丈夫とのこと。
そして、結局2人の女性のうち1人とメールを3〜4往復したところで日本へ
来日して結婚を決めたいとメッセージがくる。

いやまだどんな人か知りたいのでもっと親しくなってから呼びたいと社長に伝えると今じゃないと彼女の気持ちも変わる、早くしないといけないと山口さんにせかされまくり結局
その間はほとんどメールのやり取りはしませんでしたが、同棲すればという甘い誘惑に負けそして、その2か月後に日本へ呼ぶことに。

ただ、思ったのが、サポートが薄っぺらく、なんだかシステム的に事務的です。
結婚相談所というのは、色んなアドバイスをくれると思っていましたが、
事務的なアドバイスばかり。
不安を感じるも、日本に呼んで同棲できれば何とかなる、結婚できれば良し!と考えていました。

5.ロシアンビューティー
活動編2「女性が来日」
そして、待ちに待った日がやってくる。
前日にもロシアンビューティーの代表から連絡が来て、励まされ、写真をたく
さん送ってくれだの、プレゼントを渡した方がよいだの、
まあ事務的なアドバイスをもらいましたよ。笑
そして、「セックスしたらダメですよ!」とうるさい。
結婚相談所なんだから、そんな目的ではないし、何度も何度も言わなくても。。。
そして「女性にはロシアンビューティーの会という名前は言わない方がスムー
ズです」と言ってくる。
ロシアンビューティーは、女性の国へ行くときもビザなどの手続きのときに「入
管当局にロシアンビューティーとは言わないでください」と言っている
ことが後でわかった。怪しさ満点だった。。。
そして来日する当日。
空港に迎えにいき、ゲートで待ち構えていると、「来た!」。
すぐに分かりました。
そして、写真より綺麗かも・・・
と興奮するも、

6.ロシアンビューティー
活動編3「女性とのデート」
女性は、遥々ロシアから来てもらった30代前半の女性。
結婚歴や子供もいないとのこと。
30代前半で、こんな美しいのに結婚歴がないとは・・・
そんな想いもありましたが、日本に滞在できるのは2週間。
この来日するのに手続き料などとしてロシアンビューティーに約200万円を
支払ったので、何とか成功させたいと考えていました。

2週間のうち最終日と最終日の前日は有給を使い、昼間は自宅で時間を潰して
もらうことにしました。
「こんな美しいのに結婚暦がないのは、ロシアというのは、なんて国だ!」と
思っていましたが、
衝撃的なことが。
東京都内を観光していると、色んなものを買わされるも、「しょうがない!」と
思い、買ってあげました。
そして、夜自宅に帰り、一緒に生活。笑
キャリーバックの服を整頓し始め、「家庭的なのかなー」と勝手に妄想していた
ら、
大量のコンドームとローションのようなものが入った手提げがあるではない
か!
「見間違いか?」と思ったものの聞けずに、見て見ぬふり。
そして、翌日、どうしても気になり、勝手に覗いてみると、
正真正銘コンドームが約20個、ローションのようなものが1本!
しかも、ローションは明らかに減っている。
なんなんだ?と思い、とても同様し、ロシアンビューティーに相談しようとし
たものの、
こんなことは事務的なアドバイスしかされないだろうと思い断念。
そして、女性にポケトークを利用して聞いてみると、
「そんなものはありません」と言い訳している。
じゃあ、カバンを見ようとするものの「これは私のものだからいやだ」という。

そして、しつこく聞いていると、衝撃的なことを言われます。
「私の家は貧しい。家族が生活するために私はロシアでセックスのバイトをし
ています」
はああああああああああああああああああああ???
聞き間違いかな?と思ったので、改めて聞くと、
半泣きしながら「こういう仕事」と腰をふってジェスチャーしてるではない
か。。。。
まあ、コンドームとローションが出てきて、当たり前か。

6.ロシアンビューティー
活動編3「女性との大げんか」
そんなこんなで、色んなことを聞いていると、どうやら日本に来るのも仕事の
一環のようだ。
「仕事としてロシアンビューティーの関係者から給料が支払われ来日した」
「良い人だったら交際したり結婚してもいいと言われた」
とのことであった。
なんだそれ・・・・・・・・・・
そして、この女性との結婚はもちろん断念。
しかし、美人は美人だ。
「セックスはダメ」と言われていたものの、コールガールだったのだからベッ
ドに誘ってみると、
「セックスはしてはいけないと言われている」と回答してきた。

なんだそれ・・・・
まあそうだけど・・・・
と思いきや、スマホの電卓に2000 と書かれて見せてきた。
「なんだ?」と思い、聞いてみると、
どうやら
「3000 ドル(約30 万円)くれたら、あと残り10 日間毎日セックスしてもいい」
ということらしい。
さすがコールガール。。。。
呆れてものが言えない。
「俺はお前を日本に呼ぶのに200 万円以上かかってるんだぞ。」と言いたい気持
ちもあるも、
もう全て気力がなくなり、何も話さず帰国日がやってくる。
空港には送って、空港の駐車場でさようなら。
相当ひどく、ロシアンビューティーに報告すると、
「ポケトークが壊れているんだと思う」
「コンドームとローションじゃなくて、化粧品と美容液だと言っている」
と言ってきて、
終いには、
「女性に連絡が取れて、やっぱり化粧品と美容液で、コンドームなんて事実は
一切ないと言っていたし、コールガールではない」
と説明をしてきた。
そんなはずはない。隠蔽工作だろう。
写真や録音など証拠をとっておけばよかったと後悔。

だから入管にはロシアンビュティという名前を秘密にしてるんだと分かった。

みなさんも、売春婦を掴まされる危険性もあるので注意してください。